身内の結婚式

胸にバラをつけた男性

身内で、結婚式がある場合、親族の既婚女性の正装は黒の留袖、未婚の場合は色留袖などと、ある程度決まっていますが、昔に作った留袖だから、着物が少し傷んできてしまっていたり、手入れが大変だったり、親戚が少なくあまり、着る機会がないことの方が多いのではないでしょうか。そんな時にはレンタルです。結婚式場で、親族の為に留袖のレンタルをしてくれるところも、たくさんあるようですし、インターネットで少し検索すると、安くレンタル出来る所もたくさん見つかりました。レンタルの時には着付けまで一緒にしてくれる所なのか、ヘアセットも、してくれる所なのか、当日、式の時間によって、早朝料金等がかかるなら、着付けは違う所でできるかなど、お店によって、違うので確認しておくといいでしょう。

メリットとしては、あまり着る機会がないのに、着物を購入するとなると、やっぱり結構な値段がするものです。その分、必要な時にレンタルすると、安く済むこともあります。そして、私がレンタルした所は、私服で行って着付け、ヘアセットまでしてくれ、結婚式が終わるとそこで脱いで帰る所だったので、荷物も少なくてすみましたし、とても楽に過ごせました。毎回、違う柄を選べたりと楽しみも増えますし、最近ではネットでレンタルして、家まで届きまた、宅配便などで返却するようなサービスもあるみたいです。デメリットになる部分といえば突然着物を着るとなると、前もってレンタルの予約などが必要なので、対応出来ない事です。留袖は、着物の中でも着る機会は少ないと思いますので、私はレンタルで十分です。